勝浦市勝浦・浜勝浦の町並み 
勝浦・浜勝浦
地図


勝浦の町並
 勝浦市勝浦・浜勝浦は房総半島の南東部、太平洋に臨む所に位置する。
天正18年(1590)徳川家康の関東入国にともない、勝浦には植村泰忠が配された。天和2年(1682)植村氏は大名に昇格し、勝浦藩が成立し勝浦(串浜村)に陣屋を構えた。宝暦元年(1751)植村氏は改易され、武蔵国岩槻城主大岡出雲守忠光の領地となったが、大岡氏は岩槻を本拠としたので、以後8代、明治維新まで岩槻藩領で大岡氏の支配が続き、勝浦には陣屋が置かれていた。
村高は「元禄郷帳」161石余、「天保郷帳・旧高旧領」ともに177石余で、郷帳類の村高は勝浦村とあり勝浦村と浜勝浦村との合計高と考えられる。
慶長6年(1601)の水帳によると、勝浦は宿と浜に区分され、宿は勝浦村、浜は浜勝浦村のことであった。
これは江戸初期には既に漁業が発展しており、それに伴い他国人の出入りが多く、町並が形成されていた所と、漁港周辺集落とが分かれていたためと思われる。
勝浦のイワシ漁が発展するのは、元和2年(1616)紀伊加太浦(現和歌山市)から、大甫七十郎が当地に来て八手網を用いてイワシ漁を始めてからである。イワシは単に食糧だけでなく干鰯(ホシカ)として農業肥料で重要であった。
江戸時代を通じて郷帳類では勝浦村で一括され、領主の変遷も同じだが、実質は元禄(1688〜1704)頃から浜勝浦が分離していたようだ。
寛政5年(1793)の上総国村高帳では、浜勝浦村と勝浦村は別々に分けて記載され、勝浦村は高40石、家数178とあり、浜勝浦村は高121石、家数93とある。
今、県下では銚子に次いで水揚量のある漁港があり、港周辺には水産加工業者や鮮魚商が多い。浜勝浦から勝浦にかけての町並には、古くからの伝統的な様式の家屋が多く見られる。活気ある漁港だから漁師町と思うが広い道路に面して建つ町並は、一般的な漁師町としての様相はあまり見受けられず、商業が発達していた在郷町のような感じの町並みであった。
町並み指数 40
参考文献     
  角川日本地名大辞典  角川書店  角川日本地名大辞典編纂委員会  昭和54年
  日本の地名 千葉県  平凡社  (有)平凡社地方資料センター  1996年

浜勝浦の町並

浜勝浦の町並

浜勝浦の町並

浜勝浦の町並

浜勝浦の町並

勝浦の町並

勝浦の町並

勝浦の町並

勝浦の町並

勝浦の町並
古い町並みに戻る