つくば市神郡の町並み 
神郡
地図


神郡の町並
 つくば市神郡は茨城県の中央部、筑波山の南、筑波山への参詣道「つくば道」に沿った街村。「つくば道」は在郷町北条村を経て多気山(多気城跡)の東麓を通って真北に進み、筑波山寺に至る道のことで、江戸の鬼門にあたる筑波山への参詣道であった。
江戸はじめは佐竹氏領、慶長7年(1602)幕府領、慶長11年(1606)真壁藩浅野氏預かりとなり、元和8年(1622)笠間藩領、正保2年(1645)旗本井上氏の知行のまま明治を向かえる。
旗本井上氏は山根8ヶ村支配のため、神郡村に陣屋を設けたが、本格的な陣屋普請は延享5年(1748)のことである。天保10年(1839)の神郡村覚では、村高1,142石余、家数72・人数274とある。
この神郡村のちょっと南に在郷町北条村があるにも拘らず、この神郡村の町並が土蔵造りの商家建物が続くのは、筑波山寺への参詣客が多く、半農半商集落として栄えていたのだろう。また、当然江戸末期から明治にかけての土地集積が進んだ結果だと思える。
この大きな門や土蔵を備えた町並は、つくば道の特徴ある町並光景でもある。
町並み指数 40
、参考文献     
  角川日本地名大辞典  角川書店  角川日本地名大辞典編纂委員会  昭和58年
  日本の地名 茨城県  平凡社  下中邦彦  1982年 

神郡の町並

神郡の町並

神郡の町並

神郡の町並

神郡の町並

神郡の町並

神郡の町並

神郡の町並
                       
古い町並みへ戻る