笠間市笠間の町並み 
笠間
地図


笠間の町並
 笠間町笠間はほぼ茨城県の中央部、涸沼川の上流左岸に位置する。
江戸期は笠間藩の城下町。上市毛村の中央部に形成された城下町。
笠間城は慶長2年(1597)宇都宮氏の改易により、浅野長政の城預かり、蒲生秀行の所領、松平康重が城主、小笠原吉次・水谷勝隆・本堂茂親・戸田康長・永井直勝・浅野長重・井上正利・本庄宗資・井上正岑と笠間藩の領主が代わったが、延享4年(1747)牧野貞通が入封して以後、明治まで笠間藩を統治した。
佐白山の笠間城は天守を持つ城郭で、笠間城の西方、涸沼川と佐白山に挟まれた東西600m、南北2kmの細長い平坦地に城下町が形成された。現在の笠間市の中心市街とほぼ同じ。正保2年(1645)の常陸国笠間之城下絵図によると、町人町は本町・愛宕町・高橋町など五ヶ町、武家町は鷹匠町・田町・山居・東沢・鉄砲町・桜町等など。町割りは城下の地に上級武士、次に町人町、その南北に中級武士、さらにその周辺に下級武士を配置していた。
城下の中心の高橋町にある笠間稲荷は、笠間藩の祈願所とし崇められた。幕末から明治にかけて稲荷信仰は庶民の間にも広まり、稲荷神社の参詣客が増加するに従って、神社の周辺は門前町の様相を呈してきた。
今、笠間に古い町並が見られるのは、笠間稲荷の門前で、城下町当時は高橋町と云われていた辺りである。道の両側に店舗が並ぶ町人町で、宝永2年(1705)の記録では屋敷数55・人数318、馬18とある。職業別では酒売3・穀売6・大工3・油屋2・茶売2・家中奉公人4・日雇4・地作14などいろんな職業が見られる。
今もそのまま稲荷神社の門前町として多くの参詣客で賑わっていて、造り酒屋・呉服屋・飲食店・旅館などが軒を並べていた。
町並み指数 30
参考文献     
  角川日本地名大辞典  角川書店  角川日本地名大辞典編纂委員会  昭和58年
  日本の地名 茨城県  平凡社  下中邦彦  1982年 

笠間の町並

笠間の町並

笠間の町並

笠間の町並

笠間の町並

笠間の町並

笠間の町並

笠間の町並
                       
古い町並みへ戻る