福島市飯坂町の町並 
飯坂町湯沢・飯坂町東滝ノ町・飯坂町若葉町・飯坂町立町・飯坂町横町
地図



飯坂町湯沢の町並

 福島市飯坂町は中通り北部、福島盆地北西部、阿武隈川の支流摺上川中流域に位置する古くからの温泉地である。
近世はじめは会津領、慶長6年(1601)出羽米沢領、慶長8年(1603)からは米沢藩領。貞享3年(1688)福島藩領、元禄13年(1700)幕府領、寛保元年(1741)白河藩領、慶応2年(1866)棚倉藩領となり幕末に至る。
寛保3年(1743)の村明細帳では高2,178石余・新田33石余。家数305・人数1,132。
文化7年(1810)当時、地内には5〜6ヶ所の温泉があり、旅籠屋渡世の者もいた。
4・9日の六斎市も立って、温泉町として一部町場化していて、飯盛り女もいたようだ。
寛政12年(1800)には藩主松平定信が領内巡見と湯治を兼ねて飯坂にきている。享保14年(1729)の飯坂村絵図には、波古湯・滝の湯・鯖湖湯・透達湯の湯屋が見え、これらは全て公共の浴場であった。
明治10年頃から急激に旅館が繁盛し、かって共同湯を利用した木賃宿が内湯旅館に変わってきたが、大正末期になっても現在のように、摺上川沿いに大旅館が並ぶと云う光景ではなく、摺上川の谷壁を降りた谷床に湯屋が建っている状態だった。
当地の堀切家は大庄屋格の豪農で、苗字帯刀を許されていた。同家は絹糸・生蝋・漆・鉄・米などを扱い、自宅では質屋・酒造を営業し、鉄山経営も行っていたようだ。
今も堀切邸がそのまま残り、町並に威厳を呈している。
今はこの飯坂温泉は旅館数・利用客数においても、東北地方屈指の温泉地になっているが、この飯坂温泉を歩くと、湯治場の雰囲気が感じられず、歓楽街の温泉の雰囲気を醸していて、チョット期待外れの町並探訪に終わった。
町並み指数 30
参考文献
  角川日本地名大事典  角川書店  角川日本地名大事典編纂委員会  昭和56年
  福島県の地名  平凡社  (有)平凡社地方資料センター  1993年 


飯坂町湯沢の町並

飯坂町湯沢の町並

飯坂町湯沢の町並

飯坂町湯沢の町並

飯坂町湯沢の町並

飯坂町東滝ノ町の旧堀切邸

飯坂町湯沢の町並

飯坂町若葉町の町並

飯坂町立町の町並

飯坂町横町の町並
古い町並みへ戻る